複勝ころころ100万円

複勝ころがしで一攫千金。500円から1日12レースを勝ち続けて100万円を目指します。 ※複勝ころがし以外もたまにアップします。

<最高記録>
・連勝数(一日): 9レース(2013.12.21 阪神)
・払戻金(一日): 184,200円(2013.12.21 阪神)
・的中複勝払戻金: 930円(2015.2.7 京都1R)

今さらながら皐月賞の話。
攻撃的とも取れるタイトルですが、自分自身に対してのリマインドです。

POG馬のアルアインが見事制したことは喜ばしいのですが、
せっかく人気薄で勝ったのにそれが馬券にほとんど反映できなかったことに、ただただ後悔しかありませんでした。
image1
勝った瞬間は思わずガッツポーズをしてしまったのですが、よくよくアナウンスを聞くと3着にダンビュライト。
ダンビュライトもPOG仲間の持ち馬だったのです(なので応援馬券は買っていました)。
ダンビュライト???と思って配当を見ると、3連単が100万馬券…。
天を仰ぎました。
馬連買えたんだから3着手広く流して3連単買えばよかったのにとか、前日にポンと使えるお金が入ったんだから単勝に10万くらいぶっ込めばよかったのにとか、後悔の言葉が浮かぶばかり…。
そもそも、その10万を突っ込めないようではギャンブルの才能がないとしか言えません。
この絶好のチャンスを逃してしまったので、おそらく僕にはこの先100万・200万の払い戻しのチャンスは巡ってこないと思います。
馬券引退も考えましたが、やっぱり勝ちたい。
こうなるともはや目先の万馬券なんでどうでもよくて、100万超えの配当がほしい。

それならどうするか。
馬券のセンスもギャンブルのセンスもない僕は僕らしく、原点に帰って複勝ころがしで100万を目指そうと思います。
なかなか朝から競馬をやる時間も取れなくなってしまいましたが、できる時は複勝ころがしていきます! 

函館記念で去年ぼんやり感じたこと。
それは、「巴賞組はバッサリ消しでいいのでは?」ということ。
特に馬券になった馬たち。
逆に、巴賞を叩いて函館記念が本番という馬の方が買いなのでは?

<巴賞→函館記念の着順>
※水色:巴賞馬券圏内から函館記念
馬券圏外、黄色:巴賞馬券圏外から函館記念馬券圏内

■2015年
1着マイネルミラノ → 8着
2着レッドレイヴン → 5着
3着リベルタス →12着
---
5着エックスマーク →14着

■2014年
3着(同着)シゲルササグリ → 5着
---
6着アンコイルド → 13着
7着ゼロス → 15着

■2013年
1着エアソミュール → 10着
2着サトノギャラント → 4着
3着メイショウウズシオ → 7着
---
6着モズ → 8着
8着アンコイルド → 2着
11着ホッカイカンティ →14着
13着イケドラゴン → 15着

■2012年
1着トウカイパラダイス → 4着
---
5着イケトップガン → 2着
9着リッツィースター → 14着
10着メイショウクオリア → 15着

■2011年
1着マイネルスターリー → 8着
---
5着メイショウクオリア → 4着
7着シャインモーメント → 14着
9着ルールプロスパー → 9着


今回で言えば、巴賞1~3着のレッドレイヴン、マテンロウボス、ツクバアズマオーは消し?
馬券圏外組は、フェイマスエンド(4着)、ケイティープライド(6着)、マデイラ(9着)、オツウ(11着)。
馬券からは遠ざかっていますが、洋芝の札幌でオープン入りしているケイティープライドあたりはどうなんでしょうか?

勝ち馬は巴賞組以外のような気がしますが、このあたりはまた追って考察したいと思います。

今年は「3連複でコツコツ」と書きましたが、前言撤回、10万馬券を狙います!
というのも、シルクロードSで16万馬券を獲り逃したのが悔しくて、しばらく引きずっていました。
逃した獲物は大きくて、純粋に必ずや獲ってみせるという気持ちと、たぶん年間で20万も買わないので、2本獲れればプラスで終われるという皮算用です。
シルクロードSは『京大の馬券力!』という本から“山口式「着固定」3連単F馬券術”なるものを参考にさせてもらっていい感じだったので、今年は3連単の着固定で攻めたいと思います。 
京大の馬券力! (競馬ベスト新書)
京都大学競馬研究会
ベストセラーズ
2015-11-21


最後にサクッと 京都記念の傾向と予想を。
・京都外回り=上がり勝負
・ 堅めだけど1番人気が飛びがち
・上がり1位は6年連続3着内も勝ち切れず?
・逃げ残り(切り)もあり

本命は9レーヴミストラル、1ヤマカツエースは無駄に器用な感じがするので消し。
3連単: 9→4,6,14
→4,6,14

冗談はさておき。

ビッグアーサーは強いと思うし、ダンスディレクターやアースソニックも捨てがたいのですが、どうも勝ち切るイメージが湧きません。
が、ここに来て突然ネロなような気がしてきました。ただの直感でしかありませんが。
去年の夏まで善戦マンで勝ちあぐねていたネロが、オープン入り2戦目から2連勝。レースもお上手。覚醒した感すらある気がします。
加えて、今回のオッズ。6:50の時点で、サトノルパン(7.4倍)を押さえて3番人気の単勝5.3倍。妥当なのかもしれませんが、何かが入っている気もします。

ネロだ!!

【買い目】
単勝 15
馬単 15→1,8,10,11,16 

データはあくまでもデータでしかないのですが、傾向めいたものが見えたので、今回はその傾向らしきものを頼りに、3連単を狙い撃ちしてみようと思います。
(表が汚いですが、なんとなく視覚的にわかると思います)

シルクロード

以下、ざっと箇条書きで。
・1~2番人気は堅実。2番人気が3年連続1着。
・斤量が重い方が馬券に絡んでいる印象。
・(良馬場なら?)意外に差し届く。
・過去5年、2桁人気の馬が1頭ずつ絡んでいる。それもほぼ3着。
 →共通するのは、速い上がりを使った差し馬ということ。
・逃げ残りあり。


この傾向に今回のメンバーを単純に当てはめてみます。

1着は2番人気にしておきましょう。前日最終時点では①ダンスディレクターですね。脚質も合うと思いますし、「前を捕らえられる位置で」という狙い通りの競馬ができさえすれば大丈夫でしょう。
「この馬は逃げてナンボ、初の重賞でもスタイルを変えるつもりはない」といっている⑧ローレルベローチェの逃げ切りにも注意しましょう。

2着は、断然1番人気の2着付けで⑯ビッグアーサーですかね。
あとは差し馬から、前走・京阪杯を上がり2位の脚を使って勝った⑤サトノルパンでも入れておきましょう。
念のため、
⑧ローレルベローチェの逃げ残りも。

最後に3着。
ここは穴枠です。2桁人気の差し馬から選びましょう。 
2桁人気
この中で辛うじて差し届く可能性がありそうなのは、③リトルゲルダ⑦ワキノブレイブくらいでしょうか?

これらを総合すると、
1着:1,8
2着:5,8,16
3着:3,7
とマークすればいいわけですね。
これでちょうど10点!

ただ、もっと狙いを定めたい!
ローレルベローチェの逃げは注意しなくていいでしょう。
ビッグアーサーもおいしくないから買わなくていいでしょう。
3着もどっちか1頭だけでいいでしょう。格でリトルゲルダにしましょう。

こうすれば、1→5→3の1点で済んじゃいますね!
いざ、3連単1点勝負!

↑このページのトップヘ